腸閉塞に悩まされない為に気を付けることをご紹介|早めの受診が大切

カウンセリング

早期発見が非常に重要

先生

胆管に発生する腫瘍のことを胆管がんといいます。黄疸や白便など様々な症状がありますが、初期段階ではほとんど確認することができません。そのため生存率が低いがんの1つとされていますが、現在の医療技術の確実な進歩により、生存率は年々少しずつ増加し、近い将来には恐れることない病気になることが期待されています。

Read More

術後の腸癒着対策

便秘症の方は特に注意しておきましょう。腸閉塞の予防の知識を知っておけば防ぐことができます。乳酸菌サプリが効果的ですよ。

高気圧酸素療法に期待

病院

大腸がんなど腸の病気を治療するために開腹手術を行った場合、術後に腸が癒着して腸閉塞の合併症を起こしやすくなります。腸閉塞とは腸管が詰まって内容物の通過不良や血行障害が発生している状態です。腸閉塞には機械的閉塞と機能的閉塞の2種類があり、前者は腸にできた腫瘍や胆石・ヘルニアのほか重度の便秘でも起きる可能性があります。後者は神経系の異常で腸の蠕動運動が停止した状態です。機械的閉塞では重症化すると手術が必要なケースも少なくありません。手術が原因で腸が癒着している場合は、再発を防ぐためにも可能な限り手術を回避するのが望ましいと言えます。比較的軽症であれば、数日間絶食して水分・栄養分の点滴補給を行う保存療法が可能です。やや症状が重い場合でも、鼻からイレウス管などのチューブを挿入して腸内容物を排出できます。これ以外の新しい治療法として、一部の医療機関では高気圧酸素療法も実施されるようになりました。この方法は特殊な装置が必要なことから標準治療としてまだ認められていませんが、麻痺性腸閉塞に対してはすでに保険適用となっています。将来的には多くの患者さんが恩恵を受けられるようになるものと期待されます。

腸の手術後は経過観察重要

重症化すると命に関わることもある腸閉塞ですが、早い段階で適切な処置を施せば治療も可能です。特に腸を手術したことのある人は、そうでない人よりも発症リスクが高まります。日頃から腸の状態にはよく注意し、少しでも異変を感じたら内科を受診して医師に相談することが大切です。特に異常を感じない場合でも、手術後は定期的な経過観察は欠かせません。腸の癒着は術後すぐに発生するとは限らず、手術から数年経って腸閉塞になる患者さんもいるのです。腸閉塞の原因に占める腸癒着の割合は、他の原因よりも高くなっています。腸が詰まってきたときに表れる症状として、最も多いのは急な腹痛です。腹痛は他の病気によっても発生しますが、腹部に強い張りを感じるようなら消化物が詰まっている可能性が高まります。吐き気や嘔吐が伴うことも多く、こうした症状が強まったり弱まったりする傾向も見られます。以上のような兆候を少しでも感じたら、できるだけ早く内科を受診することで迅速な治療を受けられます。腸を手術した人は医師から説明を受けて腸閉塞のリスクを認識している例が多いものです。定期的な受診の際には、腸閉塞の予防についても医師から教えてもらえます。

早めの治療を

腹痛

潰瘍性大腸炎は現在の医学では原因がわかっていない病気で、治療法も確立されていないのが特徴です。そのため、難病指定されています。治療は主に服薬による内科的治療が基本で、症状をできるだけ抑えるのが目的です。

Read More

免疫細胞を使ったがん治療

案内

人体にもともと存在する免疫細胞をがん治療に利用する医療技術を免疫細胞治療といいますが、その1つの手法とされているのが樹状細胞療法です。樹状細胞には他の免疫細胞に攻撃すべきがん細胞の存在を伝える働きがあることから、この能力を強化して攻撃力を強化するのが治療の目的です。

Read More