腸閉塞に悩まされない為に気を付けることをご紹介|早めの受診が大切

医者

免疫細胞を使ったがん治療

身体への負担が軽い治療法

案内

近年、がん治療の新しい潮流として注目されているものに、免疫細胞治療というものがあります。免疫細胞治療とは人間の身体にもともと備わっている免疫機構を強化することで体内の有害物質、とりわけがん細胞に対する攻撃能力を高めることを目的とした治療法です。免疫細胞治療は外科手術や放射線の照射などを伴わないため、身体への負担が非常に軽いという特色があります。実際、これまでのところ軽い発熱程度の副作用のほかは重大なトラブルは報告されていません。そのため、体力的な理由で従来のがん治療を十分に受けられない患者を中心に人気があります。免疫細胞にはT細胞やNK細胞などいくつかの種類があり、どの細胞を利用するかによって治療法も異なります。このうち樹状細胞と呼ばれる免疫細胞を利用するのが、樹状細胞療法です。

攻撃目標の指示能力を強化

樹状細胞は皮下や消化管などに少量存在する免疫細胞で、樹状の突起におおわれていることからこの名があります。実は、樹状細胞自体にはがん細胞を攻撃する能力はありません。ではどのような働きをするかというと、他の免疫細胞にがん細胞の存在を伝達するのです。キラーT細胞など他の免疫細胞にはがんを直接攻撃する能力がありますが、これらの細胞は正常な細胞とがん化した細胞を見分ける能力がありません。樹状細胞療法ではいったん採取した樹状細胞に攻撃目標(抗原)を人工的に教え込ませ、それを体内に戻すことでいわば連係プレーでがん細胞の増殖を防ごうとするものです。樹状細胞療法は開発されてからまだ日が浅いため、実証データがまだ十分ではありません。しかし海外ではワクチンを使った樹状細胞療法がすでに正式な承認を受けている国もあることから、今後は日本国内でも普及が進むものと考えられています。