腸閉塞に悩まされない為に気を付けることをご紹介|早めの受診が大切

医者

早期発見が非常に重要

先生

胆管がんとは文字通り、胆管に発生する腫瘍のことをいいます。胆管とは、肝臓から作られた胆汁を十二指腸へ運ぶ役割を持つ管状の通り道であり、その途中に胆汁を貯めておく胆嚢が存在しています。肝臓の内部に位置している胆管を肝内胆管、外部に位置している胆管を肝外胆管と呼びます。そして、それぞれに発生するがんのことを、肝内胆管がん、肝外胆管がんと呼びます。症状としては、胆汁の逆流による体の様々な部分の黄疸や、腸に胆汁が行き渡らないことによる白便(便が白くなること)、またみぞおち辺りの痛みや食欲衰退、体重減少などです。このように様々な症状が挙げられますが、胆管がんの特徴の1つとして、初期段階では症状がほとんど確認できず、症状が確認できる頃には進行している場合が多いです。そのため、定期検診を欠かさないことはもちろん、日常において少しでも違和感を感じたら、速やかに医療機関へ相談するようにしましょう。

胆管がんは、他のがんよりも生存率が低めであることが特徴です。しかも、初期症状が分かりづらく早期発見が難しい点においても、非常に厄介な病気といえます。治療法としては、外科治療を中心として科学治療や薬剤治療が挙げられます。再発する可能性が高い胆管がんの外科治療の際は、なによりも再発させないことを優先としますので、発生した腫瘍だけではなく、肝臓や胆嚢などの一部を切除することが多いです。そのため、再発させないことはもちろん、QOLを確保するためには、外科治療後のケアが大切になります。生存率は低めとはいえ、胆管がんに対する医療技術は確実に進歩しています。予後の科学治療や薬剤治療も例外ではありません。最新医療では、副作用を抑えたものであったり、胆管だけでなく他の組織にもがんを抑える効用があったりなど、体の負担をなるべく抑えつつ、最大限の効果が期待できるようになりました。今後さらに研究や臨床試験が行われることにより、胆管がんは恐れることがない病気になる時代が到来することになるでしょう。